ななちゃん

ななちゃんとの最後の日々

JUGEMテーマ:三毛猫

JUGEMテーマ:アメリカ生活

ななちゃん

5月に入って食が細くなってきてはいたものの、

ご飯に口をつけなくなった5月16日までは普通に過ごしていました。

ななちゃんの呼吸が荒くなっていたのに気づいたのが5月18日の水曜日の夕方。

そこから急速に弱っていきました。

なぜだか山場は水曜日に、1週間間隔で訪れました。

5/18と5/25の水曜日に呼吸が荒くなって、

そして亡くなった日も6/1の水曜日でした。

それ以外の日は、呼吸は落ち着いているように見えました。


06092022-1

(窓辺で風にあたると落ち着く様子でした)

衰弱してあまり動けなくなっても、

「チュール食べる?」「水飲む?」と声をかけると、

「ミャー」と返事をして、いつもの可愛いななちゃんでした。


06092022-2

(朝の寒い時間から窓辺で風にあたっていたななちゃん)

肺に腫瘍があると、溺れているような呼吸困難で苦しむと聞いていたので、

安楽死のタイミングを常に悩んでいました。

呼吸は荒くなっても呼吸困難のようには見えず、

水曜日以外は落ち着いて平穏に過ごしていたので、

結局自然に任せることにしました。


06092022-3

肺の腫瘍は呼吸で苦しむと聞いていたので、

酸素室を買おうか悩みましたが、

狭いところに閉じ込められるときっと悲しむだろうと思ってやめました。

その代わり、

夫が酸素コンセントレーターを見つけてくれて、

急遽購入しました。


06092022-7

少し動いて息がハアハアなった時に管をあてると、

楽になったようにも見えたので、少しは効果があったのかも。


06092022-5

(ななちゃんも酸素の管がわかっている様子でした)


06092022-6

最後の週は、

寝てるのか朦朧としているのかわからない状態がほとんどでした。

たまに起きた時に、


前の記事でも触れた、甘えるようなポーズしてくれました(お腹なでなでポーズ)。

毎日お決まりのこのポーズももう見れないのかと、

内心悲しく思っていたので、

ななちゃんがそんな私の気持ちに応えてくれたように思えました。

衰弱したななちゃんを前に悲しい気持ちではありながらも、

ほっこりした瞬間でした。

(これがエンジェルタイムなのかな)

苦しまずに眠るように旅立ってくれたらいいな、

と願っていましたが、

亡くなる前日の夕方くらいから

息が少し荒くなってきたのでそれも難しいのかな、と感じていました。

最後の日、

呼吸が荒くなっていよいよしんどそうになってから、

約20分後に息を引き取りました。

ななちゃんはどのくらい苦しかったのか、

自然死を選択して本当によかったのか、

今でも考えてしまいます。

亡くなる前日のななちゃん


06092022-4

水も自分では飲めず(シリンジで与えてました)、

衰弱して1,2歩歩くのがやっとでした。

最後までトイレにちゃんと行こうとして、

シリンジでの水飲みも全然嫌がらず、

最後の最後まで手のかからない本当にいい子でした。

ななちゃん、よく頑張ったね。

少しでも長く一緒に居ようとしてくれて、

ありがとうね💕

クリック↓🐈

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

〜 三毛猫とアメリカ暮らし 〜
〜 猫の肺腫瘍 〜

ななちゃん虹の橋に旅立ちました前のページ

ななちゃんのおもちゃ次のページ

関連記事

  1. ななちゃん

    在宅勤務風景

    JUGEMテーマ:三毛猫長引くコロナ禍。会社の出…

  2. ななちゃん

    Work from home life

    JUGEMテーマ:在宅ワークJUGEMテーマ:三毛猫&nb…

  3. ななちゃん

    日中のななちゃん

    JUGEMテーマ:三毛猫在宅勤務をしていると、仕事…

  4. ななちゃん

    ななちゃんの日常

    JUGEMテーマ:三毛猫最近は、出勤は週に1&#1…

  5. ななちゃん

    最近のななちゃん

    JUGEMテーマ:三毛猫JUGEMテーマ:アメリカ生活&n…

  6. ななちゃん

    駐在妻としてアメリカに来て1ヶ月経過しました

    JUGEMテーマ:三毛猫JUGEMテーマ:アメリカ生活&n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

特集記事

アーカイブ

PAGE TOP